患者様にとって有益な薬剤師になるために

患者様にとって有益な薬剤師になるために

医療スタッフ間の会話では、様々な専門用語が飛び交っています。
もちろん、それは医療スタッフが共通の認識(理解)のもと使用しているのに他なりません。
もし患者さんに処方されるお薬を渡す時、薬剤師が医療専門用語で話したらどうなるでしょうか。
薬剤師の言葉は一方的になり、患者さんは何を説明しているのか分からなくなります。
患者さんを理解しようとする心を持つ…それが有益な薬剤師だといえます。
現場で求められている薬剤師はそういった方々です。
患者さんに求められる薬剤師であれば転職も当然、有利になります。